岡山浪漫街道

R18はこちら

2013年5月13日
by okayamaactive
0 comments

車で走る

岡山には有名な武将もいるし、刀もある。

なんていう風にちょっと昔の事についてお話したので、今回はちょっと近代的な物にスポットを当てたいと思います。

それは、上にある瀬戸大橋と言いたいですけど、ちょっと違うんですよね。

瀬戸大橋も走るにはとてもよい場所ですけどね。

ここで紹介するのは岡山国際サーキットです!

岡山にサーキット場があるという事を知らなかったなんていう人も多いのではないでしょうか?

このサーキットは会員になれば走る事が出きちゃうんですよ。

なので、車を走らせるのが大好きだという人にはもってこいの場所だと思います。

もちろん、こうしたサーキットで車を走らせるのと公道で走らせるのでは全く感覚も違いますからね。

週末の楽しみがサーキット場で走る事だったりしたらちょっとかっこよくありませんか?

もちろん、走らせるのよりも走ってるのを見るのが好きという人もいるでしょう。

このサーキット場では様々なイベントがあるので、その観戦も当然出来ますかので、見るのが好きという人にもこの場所は楽しめる場所になると思います。

見るのが好きな人でも走らせるのが好きな人でもどちらの人でも、思う存分に楽しむことが出来るそれがサーキット場のいいところなんですよね。

2013年3月29日
by okayamaactive
0 comments

岡山の変わった名物

前回、宇喜多直家についてちょっとお話をしたと思います。

いつの時代になっても戦国武将の人気っていうのは衰える事が無いですよね。

今回は、そうした戦国の時代にまつわる名物をご紹介しておきましょう!

戦国時代といえば刀ですよね。

備前長船っていう名前を聞いた事がある人っていうのは多いでしょう。

この備前長船も岡山の名物の1つといえるでしょう。

備前長船兼光の作り出した刀は今では重要文化財になっているものも沢山あるんです。

そうした事から見ても、その凄さっていうのを実感していただく事が出来ると思います。

宇喜多に備前長船。

そんな素晴らしい文化がこの岡山にあるということをもっと沢山の人に知って貰いたいですよね。

もちろん、そうした歴史的な名物や有名人だけじゃなくて、料理や名所なんていうのも沢山あるので、そういった物も、今後ドシドシとここで紹介してくことが出来ればって思っています。

そうして、岡山について沢山の知識を持ってもらうという事が、この岡山っていう土地に人を集めるキッカケになると思うし、岡山っていい場所っていう風に思って貰えるキッカケになると思うんです!

やっぱり、そうしたキッカケっていうのが無いとなかなかそういった風に思うのって難しいですもんね。

2013年2月19日
by okayamaactive
0 comments

岡山城

岡山のお城と言えばやっぱり岡山城が一番有名でしょうね。

この岡山城と言えば宇喜多家ですよねー。

宇喜多直家っていう名前は一度は聞いたことあるのでは無いでしょうか?

宇喜多直家って言えば、尼子さんや毛利の元就さんと同じように三代謀将と呼ばれる程、智謀に優れた人だったんですよね。

色々と恐ろしい謀略なんかもあって、身内にも怖がられてたりしたそうなんですけど、そうした人でも家臣達には凄い信頼されていたんです。

しかも、家臣を粛清した事が一度も無いっていうから、余計に感心しちゃうんです。

やっぱりそういう時代だからこそ、何かあればそれこそ切腹みたいな感じだったと思うし、そうした時にそういった事が全くなかったって純粋に凄いですよね。

だからこそ、家臣からの信頼も厚くて身近な家臣は最後までこの宇喜多直家を支えたんですよね。

そんな人がいたお城が近くにある上に綺麗に残っているっていうのはやっぱり凄い事ですよね。

歴女なんていうブームも今ではあまり聞かなくなりましたけど、そういった人達にも有名な人だけでなく

こうした意外と知られてるようで知られていないような人をもっと知って貰えればいいんですけどね。

そうすれば岡山ももっと賑わいにあふれるだろうし、それが岡山の発展にも繋がると思うんです。

2012年11月16日
by okayamaactive
0 comments

岡山からひろがる卵の輪

すっかり寒くなってきましたねm(_ _;)m
うっかり、二度寝で、寝坊してしまいそうなくらい冷え込んできました!!
前回も紹介した、岡山名物、たまごかけご飯!!!
私の家では、忙しい朝や、両親がいない時間にお腹が減ったときなどに
たまごかけご飯を食べていたので、そんなにおしゃれなイメージって、正直なかったんですが、
今では、町おこしに欠かせない存在になっていたり、おしゃれなたまごかけご飯の本が出ていたり、
アレンジも、無限に広がり、飽きがこない美味しさから、老若男女問わずに、絶大な指示を誇っているようです!!

アレンジがしやすく、冷蔵庫の中身と、アイデアひとつで、より一層美味しいものへと、変身することだってあるのです。
新鮮なたまご、そしてアツアツのご飯(出来れば炊きたて!!)そこへ醤油やネギをたらす姿を想像すると、なんだかお腹がへって来ちゃいます

インターネットなどで、検索してみるとビックリするような、アレンジたまごかけご飯も出てきますよ!!
たまごかけご飯専門店が、全国各地でも増えているようですし、
岡山の町おこしは、岡山より、たまごかけご飯ブームメントの火付けとなったということですね(^_^;)笑

けれども、岡山のたまごかけご飯って、醤油から、薬味まで、かなりこだわり抜かれたものですから、
お立ち寄りの際は、ぜひいらしてくださいね(^^)♪

2012年10月29日
by okayamaactive
0 comments

たまごかけご飯!!

前回は、岡山の「ご当地B級グルメ」について、ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
食欲の秋ということもあり、今回も前回に引き続き、グルメぇぇぇ~~~~~~(^O^)
な、お話をしたいと思っているので、お腹が減ってくるかもしれません!(食事中の方、申し訳ないです!!!!)

今回のグルメは…たまごかけご飯!!
今や、本屋さんなんかで、たまごかけご飯の本などを、よく見かけるようになりましたが、
このたまごかけご飯…。実は岡山県が発祥の地だという事をご存じでしょうか?

岡山県久米郡美咲町というところで、たまごかけご飯ブームに火がついたと言われていますが、
そんな美咲町出身である、岸田吟香という教育家が、たまごかけご飯を、はじめて食べたとされているのです!!
この美咲町のたまごかけご飯、美咲町の名産品でもある、黄ニラを使ったタレなども用意されていて、
お家で食べるたまごかけご飯とは、ひとあじも、ふたあじも、違うものとなっているのです!

朝、時間がないとき、忙しいときなどに、てっとり早く、食事を摂ることができ、
栄養価も高いたまごかけご飯…。
学生の頃によく、お腹がすいたらこのたまごかけご飯を食べていた記憶があります(^O^)

美咲町には、たまごかけご飯専用の定食屋さんなどがあるので、是非一度、立ち寄ってみてくださいね☆
特製ダレのおみやげなんかも購入できるようになっています☆

2012年10月18日
by okayamaactive
0 comments

ご当地B級グルメとは!?

前回の記事で、たまげたバーガーについてご紹介しましたが、
実は今、岡山では、B級グルメというグルメがかなり流行ってるのです!!

B級とは、高級でもなく、あくまでB級なグルメ…(笑)
しかも、岡山で流行ったB級グルメが、全国で爆発的に流行っているというのですから驚きですよね。

そのB級グルメとは「ホルモンうどん」!!

ホルモンをよく食べる習慣があるのか?昔から、食堂のメニューには、
ホルモンの入った焼きうどんがありました。

私が以前アルバイトをしていた食堂でも、昔からホルモンうどんがあって、
爆発的に、人気が出たときなんか、ホルモンが品薄状態で、入荷してこなかった事もあるくらいなのです(笑)

このホルモンうどん…。岡山の人たちだけではなく、
県外の人たちにも、かなり愛されているようで、
全国のご当地B級グルメを集めたフェスティバルでは、優勝してしまうほどの勢いなのです!!

中国地方のサービスエリアでは、このホルモンうどんの、おみやげなんかをよく見かけます。
昔から街にある食堂の、ホルモンうどんが、なんだかんだ言っても、いちばんおいしいので、ぜひ一度、ご賞味くださいね♪
鉄板焼き屋さんなどでも、岡山のおいしいホルモンを食べることが出来ますよ☆

2012年8月13日
by okayamaactive
0 comments

たまげたバーガー

岡山県でも南の方、玉野市では最近新しい名物料理ができています。
いわゆる、ご当地グルメというやつですね。地元でも有名で、ちょっと出かけたついでに買って返ってくる、ということが、身近にもよくあります。

それが、「たまげたバーガー」というハンバーガー。

「たまげた」の「たま」は玉野市、「げた」というのは地元の言葉で舌平目のことです。フランス料理なんかでも高級食材として使われていますよね。
まあ、説明を長々してもしかたないので、まずは写真をどうぞ。

たまげたバーガー

見た目は普通のハンバーガーですが……。


この「げた」は瀬戸内海で取れたものです。地元の味ですよね。
新鮮なげたをミンチにしてパテにします。牛肉のかわりに舌平目を使ったハンバーガーなんですね。
チーズ、レタス、トマトの定番食材と一緒に挟んで、味付けはタルタルソース。
全体的にさっぱりした味わいなんですが、実はこの具材を挟んでいるパンには紫芋がねりこまれていて、独特の味わいを作り出しています。

ヘルシーですぐに食べられてしまうので、売れ行きもいいんだとか。

ちなみに、玉野市はこのたまげたシリーズにかなりの自信を持っているようで、精力的に新しいメニューを作っています。
たまげた丼、たまげたカツ、たまげたラーメンなどなど……。
あっさりした味わいが何にでも合うので、美味しいんですよね。

2012年5月28日
by okayamaactive
0 comments

古代のロマン

岡山には歴史を感じられるスポットが沢山ありますね。

更に昔の古代を感じることができるスポットについても紹介します。

 

桃太郎伝説で有名な吉備津神社は歴史的な建造物としての価値も高いです。鳴釜の神事でも知られています。

 

鬼ノ城も桃太郎伝説の原型である温羅伝説の土地として有名なところです。

百済からやってきた温羅という王子がここにお城を構えて物資を奪ったり婦女子を略奪したりしたんだそうです。

 

日本で第四位の古墳、造山古墳もあります。全長350mの前方後円墳です。

周囲にはこの他にも小さな古墳がたくさん作られています。

 

2012年5月28日
by okayamaactive
0 comments

真庭市

勝山の町並み保存地区も古い酒蔵や旧家、武家屋敷が残っているエリアです。土蔵や白壁、格子窓の町並みを見ることができます。

単に見学として利用されている施設だけではなく古い建物を工房やカフェ、ギャラリーなどとして再利用されていたりします。

古い町並みが残っているため、渥美清の「男はつらいよ」でロケ地に使われたこともあったそうです。

 

真庭には他にも見所が沢山あります。

 

明治40年に作られた木造校舎の旧遷喬尋常小学校は今は現役を退いていますが、見学することができます。校舎自体が国の重要文化財に指定されています。

完全なシンメトリーのデザインの建築で、洋風のとてもおしゃれな校舎です。迎賓館を思わせるおしゃれな建築でこれが小学校だったなんてとても素敵ですね。

タイムスリップしたような感覚を味わうことができる校舎内はALWAYS三丁目の夕日や火垂るの墓などの撮影にも使用されています。

 

2012年5月28日
by okayamaactive
0 comments

ふるさと村

倉敷の他にも昔ながらの街並みが残っているところはあります。

 

高梁市の吹屋ふるさと村は青銅色の石州瓦と弁柄色の外観で統一された街並みが今でも残っている地域です。江戸時代末から明治にかけて吹屋の長者達が残したものです。

 

江戸時代や明治の豪商が贅沢して立派な建物を立てているのは全国各地で見ることができるものですが、ここ、吹屋が特徴的なのは街全体が統一されたひとつの町並みを形成しているという点です。個々の屋敷が豪華さを競っているのではなく、旦那衆が相談して宮大工を招き、統一されたコンセプトの元で街を作っています。

現在ではこのような思想のもとにまちづくりをすることは珍しくはないのですが、江戸時代にそれが行われていたというのは日本ではとても珍しいことです。

 

この地域一帯は国からの重要伝統的建造物群保存地区に認定されています。

 

見所はたくさんあるのですが、ベンガラの元祖窯元である片山邸やもともと商人の家だった郷土館、ベンガラ工場を復元したベンガラ館や銅山時代の坑道、公民館など。古き良き風景が沢山残っています。

 

他にも高梁市には歴史的な街並みが残っているエリアがあります。石火矢町もふるさと村と呼ばれているエリアです。

ここは吹屋が商人の街だったのに対して武家の街として発展しました。格式のある門構えの武家屋敷が沢山残っています。路地の両側に白壁の長屋門や土壁が続いていて当時の面影が色濃く残っているエリアです。

武家屋敷の中でも一般公開されているところもあるのでのぞいてみるといいかもしれません。

 

また、この街にはとても有名なパフェがあります。

「カフェレスト CHATEAU」で名物パフェは食べることができます。

そのパフェとは、バケツパフェです!バケツの中にパフェが入っているものです。持つのも大変なくらいとても大きなサイズです。

甘いものを食べるのが好きな人でもこのサイズを1人で食べるのは不可能でしょうね。。

通常は4~5人で食べるものだそうです。家族や友達大勢で食べに行くといいでしょうね。とにかくすごいボリュームです。ふるさと村にいった時にはぜひともこのパフェにもお目にかかってみてください。